母子家庭の医療費免除は何歳まで?

母子家庭 医療費免除 何歳まで お金

シングルマザーにとって「医療費免除」子ども自分自身の医療費の負担を安くしてくれる本当に助かる制度です。

 

そんな助かる制度ですが、気づけばウチの子も大きくなり

 

「そういえば、医療費免除って何歳までなの?」

 

と気になったので、簡単に記事にまとめました。同じように医療費免除が何歳までなのか知りたい方は参考にどうぞ^^

 

スポンサーリンク

母子家庭の医療費免除は何歳まで?

母子家庭の医療費免除「ひとり親家庭医療費助成金制度」は何歳まで受けれるかと言うと…

 

扶養している子どもが18歳の誕生日から最初の3月31日まで

 

となります。

 

医療費免除って、いくら免除してくれる?

医療費免除の金額は、自治体や子どもの年齢によって違いますが

 

薬代は無料の場合が多いです。(ちなみに薬の容器は対象外)

 

<医療費免除の金額の一例>

  • 1つの病院につき、通院の場合1ヶ月800円のみの支払い
  • 1日400円まで(同じ月の通院3回目以降は無料)
  • 高校生は月額1600円(上限) など

 

各市町村よって大きく変わってくるので、お近くの市役所で詳しくは確認してみてください^^

 

母子家庭の医療費免除を受けられる人

母子家庭の子ども(父子家庭の父と子ども)または親のいない児童のための医療費の自己負担額を助成する制度になります。

 

  • 健康保険に加入している
  • 母子家庭の母(父子家庭の父)で18歳未満の児童を扶養している人
  • 母子家庭の母(父子家庭の父)の児童(18歳未満)
  • 父母のいない児童(18歳未満)

 

以上が医療費免除を受けられる条件になります。

 

住所の近くの区役所、保健福祉課子ども・家庭相談係で手続きできます。

 

手続きが完了して、受給資格が認められると「ひとり親家庭医療証」が発行されて、家に郵送されます。

 

しかし所得制限もあり、医療費免除を受けられない場合もありますので、一度お近くの市役所へ相談してみるのをオススメします。

 

まとめ

シングルマザーは生活費だけでも大変なので、医療費免除は大変助かります。子どもが小さいうちは病院にも、よくお世話になります^^;

 

シンママは仕事も育児もお金のこと色々大変ですが、子どもの笑顔のために無理せず頑張っていきましょう♪

 

私もやってる!シングルマザーにおすすめ人気の在宅ワーク6選!
シングルマザーで在宅ワーク実践中の私が「実際やってみて良かった在宅ワーク」をご紹介します♪「子供が小さいので家で仕事がしたい」「スキマ時間に稼ぎたい」など悩んでるシンママさんを応援したい!いくら稼げる?初心者でもできる?おすすめの在宅ワーク教えて!仕事で悩んでいるシンママさんのお役に少しでも立てればと思います^^

コメント