親と絶縁しても幸せな結婚をする5つの方法。

親と絶縁 結婚 人間関係の悩み

親が毒親の場合、色々悩んで考えた結果、「親と絶縁」をしている方はたくさんいます。

絶縁後は毒親の呪縛から解放され幸せに暮らしているけど、時が経ち…自分が素敵な人と出会い「結婚」するとなると…また、たくさんの心配事がでてきます。

結婚相手に親のことを聞かれると困るな…
向こうの両親になんて説明すれば…
結婚式は親を呼ばないといけないの?
親を呼べないから結婚式はできないかな…

などなど、心配や不安が出てきますが、結論から言うと

「大丈夫!親と絶縁してても、幸せな結婚はできます」

ただ、毒親の場合は少し面倒なこともありますが、何も心配いりません。そこで、スムーズに幸せな結婚をするためのシンプルな5つの方法をご紹介します。

毒親と絶縁したけど、「結婚」となると色々と不安だな…というあなたに少しでもお役にたてますよーに^^

スポンサーリンク

彼氏・彼女に親と絶縁したことを説明する

彼氏・彼女に親と絶縁したことを説明する

結婚を考えてお付き合いしている相手がいる場合、いつ・どのように「親と絶縁している」ことを言うのか悩みますね。

少し重い話になるので付き合い始めの頃は「あまり連絡取ってないから」と言う程度の説明でOKですが、結婚の話が出てくると「親への挨拶」問題があるので、ごまかしきれなくなります。

普通、結婚しよう!となるとお互いの親へ結婚の報告または結婚の許し?をもらいに行きます。「娘さんをください」的なことです。

しかし、親と絶縁している場合は自分も親と会っていないので、「あいさつに行く」なんて無理です。

これから家族になる相手なので話せることから、ゆっくり話していきましょう。思い出したくないことや言いたくないことは無理に言う必要はありません。

親との絶縁のことじゃなくても人に言いたくないことは誰にだってあります。話せる範囲で時間をかけて話しましょう。

毒親育ちではない人にとっては理解がむずかしく、簡単に「けんか」程度に思われたり、逆に「親思いではない」などと否定的に感じる人もいます。

それは、その人が悪いワケではなく「理解できない」だけなのです。親子は仲が良いのが当たり前と思っている人も多いです。

べつに他人には理解されなくてもいいですが、結婚相手となると、どうしても少しは理解してもらう必要がでてきます。

本当は、結婚するのは2人のことなので「親と絶縁しているから結婚後も親に会うことはないよ」とだけ説明していればOKだと思いますが…

次に書いてある「相手の両親」も結婚となると知らん顔できないので、まずは相手の方に親との関係を分かってもらいましょう。

でも、心配いりません。絶縁した親のことを話しても理解しようともせず、否定してくるような相手とは結婚をしないほうがいいからです。あなたの事を一番に思ってくれる人と結婚してください

少し時間はかかるかも知れませんが、ゆっくり話し合えばきっと分かってくれるし、何よりあなたにとって心強い味方になってくれるはずです。

次は「相手の親への説明」の方法です。

相手のご両親に親と絶縁したことを説明する

相手のご両親に親と絶縁したことを説明する

結婚相手に理解してもらった次は彼・彼女のご両親への説明が待っています。付き合っている人の親に会うだけで緊張するのに「親と絶縁しています」なんて説明するのは気が重いですよね…。

でも、初めにキチンと説明しておくことが大切です。逆にウソをついたり、あいまいにしないほうがいいです。これから長い付き合いになります。

多少はビックリされたり心配されたりもありますが、あなた自身がハッキリと説明し、大丈夫なことを伝えれば、きっと分かってもらえます。

それに、自分の親とは絶縁してるけど義親とは、とても仲良くやっていっている方も実際はたくさんいます。

初めは言いにくいのであれば、彼・彼女にあらかじめ両親へ説明してもらっておくと安心です。向こうの反応も少しは先に伝わってきてた方が言いやすいですね。

あまり心配せずに、上手く伝えられなくてもいいので話せる範囲でキチンと話しておきましょう。

親と絶縁している場合の婚姻届けの保証人は誰にする?

親と絶縁している場合の婚姻届けの保証人は誰にする

婚姻届を提出するときには、その結婚を認めてくれる証人が2人必要になります。

この証人というのは20歳以上であれば誰でもOKです。氏名・生年月日・本籍の住所を書いて印鑑を押してもらいます。

なので、自分の親の必要はありませんので安心してください。

お世話になっている方や共通の友人などに証人を頼む人もいます。相手のご両親が夫婦で証人になる場合は別々の印鑑を押せば大丈夫です。

婚姻届は親と絶縁してても、全く問題ありません。

親と絶縁している場合の結婚式はどうする?

親と絶縁している場合の結婚式はどうする

自分の親を結婚式に呼びたくない場合、結婚式はどうすればいいのか不安ですね。

結婚式の定番の父親とのバージンロードを歩くとか、両親への手紙とか…。そんなことを考えると親と絶縁している自分は結婚式なんてできないんじゃない??と心配になりますね。

でも大丈夫。問題ありません。あなたも素敵な結婚式ができます^^

そもそも結婚式なんて2人で自由に決めていいんです。父親と登場しなくちゃイケナイなんて決まりはありません。

できない事はできないので悩まず、できる事から選んで、ステキな結婚式にしましょう。

親と絶縁している方やご両親がいない方などの結婚式の例をご紹介♩

海外で挙式をしました。相手の両親のみ招待。海外なので会社等の人を呼ばなくても何にも問題ありませんでした。新婚旅行もかねて、向こうの両親も海外旅行もできて喜んでいました。

レストランウエディングをしました。私の両親は来てませんが、友人たちとワイワイ楽しく盛り上がりました。アットホームなパーティなので特に親が来ていないことは誰も気にしていませんでした。

親と絶縁していますが結婚式場で式をあげました。最初は無理なんじゃないかと思いましたが式場のプランナーの方々は色々な結婚式を見て来ているので相談して、当日、司会の方も上手く進行してくれ、両親が来てないことは全く問題なかったです。

などなど。親と絶縁してても幸せな結婚式をあげている方はたくさんいるので安心してください。式場のプロの方に一度相談してみるといいですね。

全員が両親がそろった結婚式をしているワケではありません。見えないこととか、みんな意外といろいろな問題をかかえているもんです。

親と絶縁している場合、子供が生まれた時に困ることは?

親と絶縁している場合、子供が生まれた時に困ることは

親と絶縁していて子供が生まれた場合、困る?と言うほどではないですが「おじいちゃん・おばあちゃんが少ない」ということはあります。

相手側のみの祖父母になりますから、少なくはなります。でも、両親が亡くなった方や離婚してシングルマザーになった方なども、どちらかの祖父母しかいませんから珍しいことでも、困ることでもありません。

まぁ、子供にとっては「お年玉が少ない」ことは困ることですかね^^;

親と絶縁しても幸せな結婚をする5つの方法まとめ

いかがでしたか?親と絶縁しているからと結婚をあきらめている方結婚式が不安な方の少しでも役にたてれば嬉しいです。

あなたの人生は、あなたのものです。自分で幸せをつかんでいきましょう。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♩

コメント